非必須アミノ酸とは

必須アミノ酸のすべて!

非必須アミノ酸とは

.

非必須アミノ酸とは

体内

アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。必須アミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、ヒスチジン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファンを言い、それ以外のアミノ酸を非必須アミノ酸と言います。必須アミノ酸は体内で合成されませんが、一方で非必須アミノ酸は体内で合成されるアミノ酸です。


ページのトップへ ▲

非必須アミノ酸は摂取する必要ない?

治療

非必須アミノ酸は、体内で合成することができるので、何も外から摂取する必要はないだろう、と思いますよね。もちろん、そのとおりで、わざわざ摂取しなければいけないものではありません。しかし、意識的に摂取することでさらによい効果を出してくれる非必須アミノ酸もあったりしますので、無理に、とは言わないけど・・・でも摂取できたらいいことがあるかもよ?そんな感じです。外からも非必須アミノ酸を摂取するということは、非必須アミノ酸それぞれの働きや効果が高まるということなので、様々な効果が期待できます。たとえば、アスパラギン酸という非必須アミノ酸は、主にエネルギー代謝を高めてくれる働きを持っており、免疫力なども高めてくれます。そのため、体力をつけたいとか、免疫力をつけたい、新陳代謝をよくしたいなどと考えている人にはオススメです。グルタミン酸と言う非必須アミノ酸は、脳や神経に作用することから、認知症やアルコール依存症などの治療にも使われたりしています。グルタミン酸と似た名前ですが、グルコサミンという非必須アミノ酸は、軟骨細胞などに作用するため、関節痛などで悩んでいる人が意識的に摂取すると、関節痛などの痛みを和らげることができます。このように、非必須アミノ酸を上手に摂取することで、それまで気になっていたことを改善することもできます。


ページのトップへ ▲

非必須アミノ酸摂取で注意すること

インスタント

とはいえ、もともとは体内で作られているものなので、摂取のしすぎはよくありません。上にあげた非必須アミノ酸でも、グルコサミンなどは摂取しすぎると人体に有害ですし、グルコサミンはブドウ糖から合成されるアミノ酸でもあるため、糖尿病の人などは特に注意が必要になります。グルタミン酸なども、身体にいいからたくさん摂取しようとすると、すぐに過剰摂取になってしまい逆に不調を招いたりします。グルタミン酸は調味料などに含まれており、インスタント食品などをよく食べる人などは、意識しなくてもグルタミン酸をたくさん摂取しています。その上、意識的にグルタミン酸を摂取してしまうのは、摂取のし過ぎになってしまうでしょう。いずれにしても、非必須アミノ酸を摂取する場合には、やりすぎに注意が必要です。


ページのトップへ ▲

| ホーム | アミノ酸の働きとその効果 | アミノ酸の種類 | アミノ酸の構造式 | 遊離アミノ酸とは | 必須アミノ酸とは | 必須アミノ酸の覚え方(語呂合わせ) | 非必須アミノ酸とは | アミノ酸ダイエットの方法・効果 | アミノ酸サプリメントとその効果 | アミノ酸サプリメント比較一覧 | アミノ酸と代謝異常症 | アミノ酸とコラーゲン | アミノ酸入りゼリーと効果 | アミノ酸飲料の種類(健康用・子供用) | アミノ酸入りスープと効果 | たんぱく質とアミノ酸 | 天然アミノ酸系シャンプーと効果 | アミノ酸スコアとその効果 | アミノ酸「MUSASHI」とその効果 | アミノ酸「bcaa」とその効果 |

Copyright (C) 必須アミノ酸のすべて! All Rights Reserved.